• index
  • video
  • works
  • tips
  • info
  • 作品紹介 吹抜けのある二世帯住宅

    プランニングに際してお施主様より2世帯化を視野に入れたプラン、また世帯間の意思疎通が容易に図れるようにとの希望がありました。
    そこで、玄関をあえて共通とし吹抜けを通して上下階でのコミュニケーションがとり易いプランとしました。




    所在地:東京都国立市
    敷地面積:186.22㎡
    建築面積:86.80㎡
    延べ床面積:152.36㎡
    階数:地上2階建て
    主要構造:木造在来工法
    設計期間:7ヶ月
    施工期間:6ヶ月






    1階平面プランニング:玄関から始まるライフスタイル
    今作品の一番のトピックスは吹抜けのある玄関の存在だと思います。
    建替えに際してお施主様から以前のお住まいよりも広い玄関スペースが欲しいという希望がありました。
    そこで、まず6畳の玄関とそれをコアとして2階の空間とを結ぶ架け橋となるべく吹抜けを配置するプランを提案しました。

    また、LDK・和室・トイレを一箇所に集約して配置することで
    移動の手間を減らしています。



    2階平面プランニング:吹抜けからのコミュニケーション
    玄関の吹抜けとの一体感を図ったリビングが一番の快適空間であり、実面積以上の開放感とワンランク上のゆとりをもたらしてくれます。一方で収納付の書斎・一般住宅より一回り大きいトイレ及び洗面室等々実際の生活上の配慮も織り込んで計画しています。
    また、リビングに間仕切りを設けないことでホールとリビング空間とを重ね合わせ、家族の会話が容易に図れるよう配慮しています。



    外観:周囲との調和を図ったデザイン
    外観に関しては、お施主様は周囲の環境との調和・一体性を計画に当たって希望されました。
    その為、外観の色彩・形状等は周囲の建物大きく相違の無い色彩とし、屋根形状も標準的な切り妻屋根としています。一方で外壁材及び屋根材は一般的な材料より断熱性・耐久性のある材料を選択しています。

    外壁:軽量発泡コンクリートパネル+アクリルシリコン塗装

    屋根:アスファルトシングル葺き


    玄関アプローチ:シンプルな外観との協調性
    玄関は、出入口前方のスペースを配慮して引戸タイプを選択、
    また、上がり口は将来性も考えて、階段とスロープの併用としました。
    庇も建物のスタイルに合わせてガラスタイプの庇としています。





    玄関引き戸:エルムーヴ(LIXIL)
    玄関庇:上吊り庇(YKKAP)



    玄関ホール:家族の絆を結ぶ建物動線の要所
    玄関の引戸を開くと眼前にはホールと一体となった12畳に及ぶ広大な玄関ホールが飛び込んできます。
    玄関床タイルは落ち着いた色味とし、壁面とのコントラストを持たせています。
    一方、吹抜けは縦方向に伸びる窓並びに間接照明を配置することで上下方向の拡張感を誇示しています。


    床タイル:庵路200角(LIXIL) 
    間接照明:現場造作壁納め(照明器具:panasonic)



    1FLDK:モダンリビングの王道を行くレイアウト
    かつてのお宅はキッチン・ダイニング・居間が独立した部屋となっていました。そのため家族が一同に介するのが難しく、建替えに際して家族全員で団欒ができるようにと希望されました。そこで、LDKを直線状に1つの空間として配置することで、スタンダードながら見通しの良い空間としました。
    東側壁面には壁いっぱいの収納も設け、居室内の日用品等も収納できます。

    壁面収納:キュビオス(panasonic)
    床材:ライブナチュラルリミテッド(朝日ウッドテック)



    和室:12畳に及ぶ可変性のある和の空間
    通常は6畳2部屋の寝室、しかし中央の間仕切り襖を開放することで12畳に及ぶ大部屋に変貌します。
    お施主様よりお客様が見えられたときのことを配慮してこのような可変的空間を希望され実現しました。
    なお、写真左の袖壁は飾りではありません。襖の引込み部分を兼ねた耐震壁になっています。 


    部屋間仕切り襖:特注製作品
    床の間床材:桧無垢材
    トイレ:レストルームとパウダールームの融合
    写真でもお分かりかと思いますが、通常のトイレの倍に当たる1坪サイズの面積を確保しました。
    理由は2つ、車椅子等将来性への対応、もう1つはゲストの方にパウダールームとしてもお使いいただけるようにとの配慮です。

    バリアフリーなレストルームとして、またおもてなしの空間として機器並びに仕上材料を選定しました。

    洗面台:エモア(LIXIL)
    窓カーテン:木製ブラインド(TOSO)



    2Fリビング:ウォールレスリビングスタイルの提案
    2階は1階との変化、とりわけ開放感を演出するため明るめの床材を使用し空間に一層の広がりを持たせています。
    またホールとの間仕切壁をなくし、吹抜けと空間を連結・天井面も吹抜け側に向かって上り勾配をつけることでさらなる開放感を演出しています。キッチンはセカンドキッチンなのでコンパクトにしています。

    床材:ライブナチュラル(朝日ウッドテック) 
    キッチン:レノ(LIXIL)



    2Fホール:フロアーをまとめる中核的存在
    本来は廊下と呼ぶべき場所だと思いますが、各部屋の動線が交錯するため通路幅を拡幅(0.91m→1.82m)リビングと一体とすることであたかもホールのような位置づけと使いやすさを配慮して計画しました。
    なお、写真中央上の木材は演出のための造作材ではなく構造体の一部(小屋梁+屋根束)です。




    小屋梁:欧州赤松集成材(プレカット材/梁サイズ:120×240)



    2F寝室:自由なレイアウトが可能なスペース
    2階の寝室は、お施主様の家具等の自由度確保のためあえて特別な装飾等は行わずに計画しました。
    但し、照明や収納は後からの変更・築造が難しいため打合せの元位置・寸法・種類を決めました。
    その為照明はダウンライトとブラケットによる照明としています。また壁面の一部にピクチャレールも取付ました。


    照明器具:ダウンライト(panasonic)
    照明器具:ブラケット(大光電機)



    書斎:書籍収納棚を設けたプライベートエリア
    居室構成は、お施主様より特段の要望は無かったので他居室同様の標準的な仕上としています。
    ただ、北側及び東端に壁面収納棚を設けて欲しいとの希望がありましたので収納内容をお聞きした上でレイアウトを計画、書籍がメインの上及び中棚・下部にボックス収納と横にはコートハンガーも付けました。


    造作棚:赤松(パイン)集成材 600×30
    ウレタンクリアー塗装仕上



    品質管理:自社施工による確かなクオリティ
    建物は人の力の積み重ねが造り上げるものであると当社は考えています。
    その為には、設計担当者自らが設計品質の確保のために各種検査を実施しています。写真の光景は、建物の骨組みの垂直度を計測している様子です。これらの積み重ねによって当社の建物は造られていきます。


    検査項目:基礎地盤調査 配筋検査 コンクリート強度検査
    屋根漏水検査 サッシ精度測定 他多数



    アフターメンテナンス:安心と信頼の継続のために
    建物は完成した後も継続的な確認・メンテナンス等が必要となります。
    当社では、設計・施工担当者本人が完成後も責任を持ってお施主様との対応にあたります。
    写真は、一年点検時の屋根の様子です。きれいな状態を維持していました。


    確認事項(新築作品):築1年点検
    半年ごとご自宅訪問確認(10年間)