• index
  • video
  • works
  • tips
  • info
  • 2018年4月5日

    既存エレベーターリフレッシュ工事その2

    こちらも大分更新が滞ってしまいましたがエレベーターのリフレッシュ工事の様子のレポートです。




    まず、今回の工事はオーナー様からのご要望により一日の利用回数が比較的少なく
    本体の劣化並びに消耗が少なかったのでコンパクトなリニューアルを希望されました。
    そのため、工事の範囲を最小限に抑えコストと工期を縮小しました。

    まず、今回交換することになるモーターと制御用の機器類を撤去します。
    この年代のものは通常機械室と呼ばれる最上階の上に専用の部屋が設けられていてますので
    そこから運び出すのが難儀な場合があります。
    そのため撤去した機材を一時屋上に仮置きし、改修工事後にエレベーターを使って搬出しました。




























    新たに取り付けるモーターと制御機器も同様に予め搬入してエレベーターで最上階までは運んでおきます。
    結果、コスト・工期の縮小にも寄与しますのでこの形をとる場合が多いです。




























    さて、既存の機器を撤去した後は新しいモーターと制御用の機器類を取り付けます。
    以前のシステムはアナログ的な制御のものでしたが新しい機器はインバーター制御という
    スムースなモーターの制御が出来るため、結果的に乗り心地も良くなりました。



    あと、機器類の交換に伴って操作スイッチも一新。
    以前は付いていなかった地震感知装置も取付けられています。
    これは、地震波を検知し最寄り階に自動的にエレベーターを停止させるもので閉じ込め対策の一環です。



    また、今回は採用していませんがご予算等に応じてエレベーターの室内のリニューアル
    停電時のバッテリー駆動システム等々のオプションも数多く用意されていますので
    希望に応じて検討して頂ければかと思います。