• index
  • video
  • works
  • tips
  • info
  • 2017年9月2日

    Ys-Projectその7 住居棟鉄骨工場加工から現場組立完了しました

    今回のプロジェクトの構造体の一つの大きな山である
    住居部分の鉄骨の製作から組立の様子をレポートします。



    今回の住居棟の設計プランニングには、大きな吹き抜けを持つ高い天井のLDKと
    大開口の窓の2つがデザインサイドから提案されました。
    具体的には柱及び壁のない約10mの奥行きを持った吹き抜けを伴う天井高さ5.7mの居室
    その上で幅・高さ共約5.7mに及ぶ大窓を実現できる構造が求められました。





    その為、一般的な木造や鉄筋コンクリート造では実現が難しいと判断し
    ビル等にて用いられる重量鉄骨造を採用することにしました。

    また今回は、少しでも室内空間を確保し柱の形を表に出さないように通常よりもかなり細い柱を使うため
    ブレース(筋交い)も併用したかなり特殊な構造としています。





    故に、設計から工場での加工・現場での組立にも細心の注意が図られました。



    当社では、住宅・非住宅に関わらず重量鉄骨建築は数多くの実績がありデザイン・設計時点からの
    高度なフルオーダーのご希望にお答えできると思います。
    今回のようなダイナミックな空間をご希望な方は是非当社にご相談下さい。




    以下に、鉄骨棟上げの様子をタイムラプス(動画)映像にてご覧いただけます。
    普段、なかなか目にする機会の少ない鉄骨が組み上がっていく様子を御覧下さい。