• index
  • video
  • works
  • tips
  • info
  • 2017年4月15日

    Ys-Projectその3 基礎工事が始まりました

    確認申請業務も無事終了し、いよいよ本格的に工事に入っていきます。

    先日ブログでもご紹介しました地盤の調査の結果により建物を支える基礎
    を載せる地盤まで、地面を掘削していきます。



    今回の建物、実は2つの異なる構造から出来ておりそれぞれ基礎を支える部分が異なります。
    重量の比較的軽量な鉄骨構造部分は階数も2階と低いので、関東ローム層(俗に言う赤土ですね)
    に基礎を載せます。



    一方、3階建てで鉄筋コンクリート構造となる事務所部分は赤土のさらに下の砂利(礫層といいます)
    にまで基礎の一部を伸ばしていきます。
    伸ばして掘った部分には、ラップルコンクリートというある種の杭のような地盤改良を行って、
    建物を支える基盤を作っていきます。



    このように基礎の形態を、建物に合わせてコントロールすることで、
    安全性とコストのバランスを図っていきます。
    最後に、捨てコンクリートを打設するのはいつもと同様ですね。



    協力会社の皆さん、お疲れ様でした。