• index
  • video
  • works
  • tips
  • info
  • 2017年3月7日

    Ys-Projectその1 解体から地盤調査実施

    大分期間が空いてしまってからの投稿となってしまいましたが
    現在進行中の新プロジェクトの記事になります。


    今回も、既存の建物を撤去してからの新築になるのですが
    建物が木造と鉄骨が併用された建物でしたので鉄の骨組みをどのようにして
    解体するかといいますと・・
    このように重機の先端に巨大なハサミを取り付けて




    くわえて






























    切断します。




























    少々強引に見えるかもしれませんがこの方法が一番安全かつスピーディーなのです。
    解体作業は危険が伴いますのでなるべく人の手を使わずに機械で解体するのが現在の主流です。
    建物-基礎と解体し、無事更地に。




    その後、道路側に囲いと出入口を設置。




























    併せて、今回計画している建物の構造に合わせた基礎を作るために地面の調査を行います。
    今回は、鉄骨と鉄筋コンクリートの併用構造となるため調査も2種類実施。
    鉄筋コンクリートの建物は砂利層に基礎を載せるため深さを確認するための試験を実施。
    矢じりのようなものが付いた棒を地面に挿して確認します。



    もう一つの鉄骨の建物は、俗に赤土と言われる関東ローム層に載せますので赤土の強度を測るための試験を実施。
    地面にパイプを差し込んで土を採取し、試験室にて強度を確認します。





    いずれも、建物を支持する地盤として問題ないことを確認できました。