• index
  • video
  • works
  • tips
  • info
  • 2014年7月23日

    Y様邸:鉄筋工事1 ガス圧接工事

     いよいよ、基礎工事が始まりました。(建築の世界ではここからが基礎工事といいます)

     まずは地中に埋まる梁なので地中梁(ある意味そのままですが)の組立です。
     



















     そしてあまりお目にかけることが少ないガス圧接をご紹介します。通常鉄筋の繋ぎ合わせは重ね継手といって
    お互いの鉄筋を重ね合わせて接合(というより合体ですかね)します。ただ太い鉄筋はそれでは十分に力が
    伝えられないので加熱した鉄筋同士を圧力を加えて接合します。ガスバーナーで加熱するのでこれをガス圧接といいます。



     まず、切り口をきれいに切断します。














     次にガスバーナーで加熱して両側から圧力を掛けます。
     













     





    すると、コブのように丸くなってくっつきます。
     



















     これを繰り返して完成します。
     



















     なお、一部試験用の部材を抜き取って引張り試験に送ります。以上、鉄筋のガス圧接でした。