• index
  • video
  • works
  • tips
  • info
  • 2014年7月19日

    Y様邸:基礎工事開始

     今日は、あいにくの天気でしたが何とか持ちこたえてくれたので無事捨てコンクリートが打てました。ちなみにこの
    捨てコンクリート、あまりいい響きではないですよね。
     

     ただこの捨てコンクリートにも役割はしっかりあります。ひとつはこのあと行う墨出しを行うための下地、もう1つはこの上に組み立てていく鉄筋と型枠の土台になります。
     

     その為ある程度の精度も当然求められます。故に甘く見てはいけません。




     















     一方、鉄筋の工場加工も始まりました。使用する材料は納品書のほかに圧延マークといわれる
    製造所固有の記号で判別します。 






















     そして鉄筋の切断・曲げ加工ですが・・なかなか見られることは無いと思いますが鉄筋は基本曲げるときは
    加熱等を行わずにそのまま(冷間加工と言います)曲げます。
     

     これは、鉄筋には一種の熱処理が行われているので熱を加えると強度が低下する恐れがあるからです。

     その為、材料は信頼のおけるメーカーの物で無ければいけません。(粗悪なものですと2~3回曲げて折れてしまうものがあるくらいです)